エコレザーとは

エコレザーとは革に関する一定の材料品質基準を満たし、かつ環境への影響が 少ないと認められた革材料のことを言います。

環境へ影響が少ないと認められるかどうか、については
材料資源の採取→製造 →流通→消費/使用→廃棄→リサイクル
という一連の革製品のライフサイクルの各ステージにおいて、資源を無駄にせずに計画的な生産が行なわれ、オゾン 層破壊物質の排出や有害物質等の使用や排出がないか、等の様々な点で認定判断が行われます。

弊社のエコレザーは日本独自の革専用有害物質基準値検査済ラベルの運用に基づく各有害物質等の基準を確実にクリアするとともに、さらに一歩進んで溶出金属を一切排除するように生産段階での徹底した管理基準を設け、信頼できる革材料を「エコレザー」として取扱っています。

現在エコマークに革の認定基準の制定が進行しており、「革製かばん」が認定されれば、エコマークの環境情報表示として「エコレザーを使用した製品であること」が記載されるようになり、これからの時代を担う革材料としての成長が見込まれます。
当社のエコレザー製品をぜひご検討ください。

ページの先頭へもどる